PRワイヤー 海外

農業投資のハイリターンへESG原則を検討

Global AgInvesting

農業投資のハイリターンへESG原則を検討

AsiaNet 69978 (1368)

【東京2017年9月13日PR Newswire=共同通信JBN】世界中の農業投資最前線への参加機会とこの分野での最新動向のアドバイスを求めて、Global AgInvesting Asia(http://www.globalaginvesting.com/events/gaia2017)への参加予定者が増えている。10月10-11日にヒルトン東京(新宿)で開かれるこのイベントには、ゆうちょ銀行や日本生命保険、農林中央金庫、三井物産などの企業が参加する。

Logo:http://mma.prnewswire.com/media/369900/Global_AgInvesting_Logo.jpg

農業分野でイノベーターと投資家を結び付ける世界で最も参加者の多いこのイベントは、今年で7年目となり、ESG(環境・社会・企業統治)原則に沿った責任ある農業投資戦略についてのパネルディスカッションが中心となる。投資分析でESG原則を考慮することで、企業はその価値に矛盾しない形で投資ができる。こうした責任ある投資の形態は、拡大を促す可能性の一方で下振れを保護する力になるため、業界で定着してきている。

パネルスピーカーになるPacific Gold Agriculture LLCのベン・キング最高経営責任者(CEO)は、このテーマについて「バリューチェーンにまたがる責任ある持続可能な手法は、ESG問題に良い影響を与える力を持つだけでなく、利益率をプラス化し、リスク管理を向上させる。持続可能性の重視は、天然資源の効率的利用に向けた長期戦略を伴い、それが農地と利益を高める形での農地経営管理につながり得る」と説明する。

Global AgInvesting Asia(http://www.globalaginvesting.com/events/gaia2017)への出席者は資産運用者、機関投資家、アグリビジネス幹部などで、ファンダメンタルズから、オセアニア、南米、北米などの地方での機会まで、農業投資状況へのより深い理解を持つだろう。

主な議題は以下の通り。
*アジアの商社-M&A展望
*中国での農業投資機会
*サプライチェーン追跡可能性での機会発見
*グローバルなアグリテク投資の現傾向
*不動産区分の比較分析-インフラ、不動産、木材と並ぶ農地配分の点検(この問題でのGAI Gazetteの関連記事はhttp://www.globalaginvesting.com/gazette-farmland-timber/を参照)


日本のアグリビジネス、新興アグリテク企業、生産者は割引パスを利用できる。詳しくはinfo@globalaginvesting.com へ電子メールを。

Global AgInvesting(http://www.globalaginvesting.com/、GAI)は米国のHighQuest Groupのブランドで、世界で最も参加者が多い農業投資セミナーシリーズを主催し、世界の農業セクターのイベント、調査、インサイトなどに関する代表的なリソースである。

▽問い合わせ先
Michelle Pelletier-Marshall
mmarshall@highquestpartners.com

ソース:Global AgInvesting