PRワイヤー 海外

IELTS年間受験者数が300万人を突破

ブリティッシュ・カウンシル (IELTS)

IELTS年間受験者数が300万人を突破

AsiaNet 70002

【東京2017年9月11日PR Newswire】IELTS(アイエルツ)の昨年の受験者数が、留学や移住の際に利用できる国際的な英語運用能力試験の高まる重要性をうけて、300万人を突破しました。

IELTSは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国への留学・移住を目的とした英語力を評価する試験です。オーストラリアと英国の全大学、米国の主要機関を含む、世界約10,000以上の教育機関、企業、移民局等がIELTSを採用しています。

1989年に開始されたIELTSは、ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTSオーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構により共同運営されており、今や世界中で広く知られているテストです。

IDP:IELTSオーストラリア代表のウォーリック・フリーランドは、「IELTSは、毎年何百万人という受験者の道を開き、英語圏への留学や移住、英語の重要性が高まる専門分野で活躍するための手助けをしています」と述べています。

IELTSの成功の鍵は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能を評価する高品質な試験形式にあります。また、英国とオーストラリアに熱心なリサーチチームがいること、世界140か国以上のセンターで試験が運営されていることも、成功の一因です。

ブリティッシュ・カウンシルのIELTS部門責任者ジェームス・シップトンは「受験者に支持されているテストであること、そして、様々な機関が英語のコミュニケーション力を測る指標としてIELTSを信頼してくださっていることが、世界中でのIELTSの成長を支えています。」と述べています。

お問い合わせ先:
James Keegan, ブリティッシュ・カウンシル – james.keegan@britishcouncil.org
Gracie Daniel, IDP:IELTSオーストラリア – gracie.daniel@idp.com
Steve McKenna, ケンブリッジ大学英語検定機構 – mckenna.s@cambridgeenglish.org

IELTSについて
IELTS(アイエルツ)はInternational English Language Testing Systemの略称で、留学や海外移住に必要な英語力を評価する国際的な英語運用能力試験です。世界でもっとも受験者数が多い試験のひとつで、昨年の受験者数は300万人にのぼりました。約10,000以上の教育機関、国際機関、政府機関が、現実に即した英語のコミュニケーション力を測る信頼性のある指標として、IELTSを採用しています。ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTSオーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構により共同運営されています。

ブリティッシュ・カウンシルは、教育機会と文化交流を目指す、英国の公的な国際文化交流機関です。世界100以上の国で、英国と各国の人々のために国際的な機会を創出し、人々との間に信頼を築いています。

IDP:IELTSオーストラリアは、IDP Educationの一部門であり、多くの学生をオーストラリア、米国、カナダ、ニュージーランド、イギリスへ留学させてきた実績のある国際教育機関の一つです。IDP Educationは、38のオーストラリアの大学が50%を保有し、残りの50%はASX市場にてトレードされています。これまで47年にわたり、国際高等教育の場で重要な役割を果たしてきました。世界60か国以上で、100以上のIELTSテストセンターを運営しています。

ケンブリッジ大学英語検定機構は、英語学習者へ試験を提供する世界有数の試験運営機関です。毎年、140か国で500万人以上が受験しています。

IELTS USAは、カリフォルニア・ロサンゼルスにあるIELTSの米国部署で、米国のステークホルダーとの関係構築や、米国国内のIELTSテストセンターの運営管理を担っています。

試験形式について
IELTSは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングそれぞれの能力を1(英語を全く解さない)から9(ネイティブ並みに流暢に英語を操る)のバンドスコアで評価します。

IELTSには、目的に応じて2種類のテストがあります。アカデミック・モジュールは、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するテストです。専攻や学科に関わらず、全受験者に対応した出題内容となっています。ジェネラル・トレーニング・モジュールは、実用的な日常生活に必要な英語レベルを評価するテストで、職場や社会生活に関わる内容になっています。オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国、アイルランドへの移住目的の方へ適しています。

IELTS認定機関となっている政府や専門機関の例:
•        カナダ市民権・移民省(Citizenship and Immigration Canada)
•        オーストラリア移民局(Australian Department of Immigration and Border Protection)
•        英国ビザ・イミグレーション(UK Visas and Immigration)
•        外国看護学校卒業生審議会(Commission on Graduates of Foreign Nursing Schools)ならびに米国の看護師団体(National Council of State Boards of Nursing)
•         国際通貨基金(International Monetary Fund)


(日本語リリース:クライアント提供)