PRワイヤー 海外

YSCがLeadership Potential担当の新責任者を発表

YSC Consulting

YSCがLeadership Potential担当の新責任者を発表

AsiaNet 69974 (1360)

【ニューヨーク2017年9月11日PR Newswire=共同通信JBN】YSCは11日、Leadership Potential(リーダーシップ・ポテンシャル)担当の新しいGlobal Headの任命を発表した。カーリー・ランド(Carly Lund)氏がYSCのマネジングコンサルタントの職位から直ちにこの新たな役職に加わる。

(Logo:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160610/377895LOGO

ランド氏はInnovation担当の責任者であるロブ・モリス氏に直属し、同社のリーダーシップ・ポテンシャルの提案を発展させる責任を負い、新規および既存の顧客に対するオファリングを増やしていく。同氏は新しいツールと配信方法(デジタルを含む)を開発し、結果を認証するために顧客と密接に協力する。

この任命はYSCにとってリーダーシップへの重点的取り組みの強化/増進を示すものであり、ポテンシャルのJDIモデルをその中心に据え、同社は、顧客がその人材の能力を引き出すのを支援するという評価の上に引き続き成長している。

YSCのポテンシャルのモデルは、組織が高い可能性を持った従業員を識別し、成長させるのを支援しており、2万人以上の幹部に対する優れた心理学的研究と評価を利用して20年間にわたり開発、改良されてきた。

ルンド氏は、以前は他のコンサルタント会社に勤務し、Global Professional ServicesのチームでDelivery and Service Developmentのディレクターを務めていた。同氏は財務、小売り、プロフェッショナルサービス、電気通信、行政を含む多くの分野で世界的に顧客と協力してきた。

ロブ・モリス氏はこの新たな任命について「彼女は世界的規模で新たなクライアントソリューションを創出する貴重な経験をもたらし、イノベーションチームとわれわれのパートナーにとって財産になるだろう。われわれは世界的にプレゼンスを革新し、拡大することを目指しており、革新的ソリューションを開発する彼女の知識、顧客重視、深甚な国際的経験は極めて貴重である」と語った。

ルンド氏はケント大学の心理学の学士号、ロンドン・メトロポリタン大学の職業心理学の修士号を持っている。彼女はアセスメントと発達に特別の関心を持つ公認職業心理学者である。

▽YSC CONSULTINGについて
YSCは世界的なリーダーシップのコンサルタント会社であり、組織と提携し、行動科学と商業プラグマティズムに基づいた方法を通じて組織がリーダーシップの需要を予測、対応、解決するのを支援している。

同社は1990年に創設され、20のオフィスにおいて心理学と行動科学の経歴を持った100人以上のコンサルタントで構成されている。

▽問い合わせ先
Laura Hine
Marketing Manager
+44(0)2075205555
laura.hine@ysc.com

ソース:YSC Consulting