PRワイヤー 海外

元RSA主任サイエンティストがスマートコントラクト・コネクティビティー白書を公開

ChainLink Network

元RSA主任サイエンティストがスマートコントラクト・コネクティビティー白書を公開

AsiaNet 69983 (1369)

【サンフランシスコ2017年9月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*Facebookのエンジニアリング・ディレクターでLLVM開発者がChainLink顧問団に加わる

*ChainLinkセールの需要に応えるホワイトリストを発表

第1級の暗号学者で元RSA主任サイエンティストでもあるアリ・フエルス氏は、SWIFTなどのテクノロジーリーダーが利用し、スマートコントラクトが外部データソースおよびオフチェーン決済手段とセキュアに接続できることを実現している大手ブロックチェーン・ミドルウエア・プロバイダーのSmartContract.com(https://smartcontract.com/)のチームとともに、テクニカル・ホワイトペーパーを共同執筆し、公開した。学術的な査読を経たこのホワイトペーパーは、スマートコントラクトがどのようにしてトークン販売メカニズムの利用を超えて拡大することができるかの知見を提供するとともに、実世界のデータ、ありとあらゆるAPI、従来の銀行決済とスマートコントラクトをセキュアにコネクトする新しい手段ChainLink(http://smartcontract.com/link)を紹介している。

これと関連して、ChainLink Networkのチームは、Facebookのエンジニアリング・ディレクターのエバン・チェン(Evan Cheng)氏が現役のテクニカル・アドバイザーとして加わることも発表した。チェン氏はこれまでにLLVMを開発しており、全てのApple iOSとMacデバイスがこれに依存してセキュアなローレベル・マシンコードを駆動し、セキュアなローレベル・マシンコードは、Google、インテル、AMD、Nvidiaを含む世界の大手テクノロジー企業や、タンパープルーフ・システムのセキュアな動作に依存している多くのその他のテクニカルリーダーによって利用されている。チェン氏は、LLVMがセキュアなローレベル・マシンコードとして世界標準に認められ、iPhone、Google検索からNvidiaグラフィックスカードまであらゆるものの日常的利用を可能にしたことで、名誉あるACM Software Systems Award(https://awards.acm.org/award-winners/CHENG_5756445)を受賞した。

SmartContract.com(https://smartcontract.com/)の最高経営責任者(CEO)でChainLink創設者のセルゲイ・ナザロフ氏は「チェン氏らテクノロジーのビジョナリーと一緒に仕事ができて大変幸運である。チェン氏は、誰もが日常で利用する多数のサービスをローレベル・マシンコードがセキュアに動作させる方法に貢献し、これによって同氏は高度にセキュアな分散型インフラストラクチャーの構築方法に関する尊敬されるオーソリティーになった」と語った。

ChainLinkホワイトペーパーは徹底的に調査され、著名なコンピューターサイエンスの教授、サイバーセキュリティーの専門家、ブロックチェーン業界のリーダーによって綿密に査読された。この調査はアリ・フエルス氏が指導した。同氏は元RSA主任サイエンティストで、現在はCornell Techヤコブ・インスティテュートのコンピューターサイエンス教授として広く知られているほか、コーネル大学、コーネル・テック、カリフォルニア大学バークレー校、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(UIUC)、イスラエル工科大学の教職員のイニシアチブであるIC3の共同ディレクターでもある。フエルス氏はサイバーセキュリティー分野に多大な貢献を成し、Filecoin、Storjなどの有力分散型システムが大きく依存するProof of Retrievabilityに関する著名な業績を通じ、分散型システム研究に対して世界を一変させる貢献をした。ホワイトペーパーは現在、一般閲覧できる。

セルゲイ・ナザロフ氏は次のように語った。
「フエルス氏のような学者で、テクノロジーのビジョナリーで、どこからみても偉大な人物と一緒に仕事ができて大変うれしく思う。従来のサイバーセキュリティー業界と新生のブロックチェーン・インフラストラクチャーに対する同氏の貢献は、真の基礎を築くものである」

「業界トップのセキュリティーに特化した研究に基づきChainLinkを構築したことで、同社の取り組みは技術的な成功を収める最高の立場にある。ChainLinkホワイトペーパーで提示したように、査読されたモジュラーでオープンなアプローチによって、われわれはスマートコントラクトと、データフィード、API、さまざまな決済システムなどの主要な外部リソースとの間のセキュアで不可欠な接続を構築することができると期待している」

ChainLinkトークン・クラウドセールに参加したいとの極めて高い需要があるため、ChainLinkチームは広範なアクセスを確保する公正なパスウエイを慎重に開発した。このセールはUTC2017年9月19日15:00:00に開始され、大規模なブロックチェーン・コミュニティーおよび完全な分散型ブロックチェーン・ミドルウエアをサポートすることに関心のある人々の参加を可能にする厳格なホワイトリスティング・プロセスを堅持する。

LINKトークンはChainLink Networkの中で使用され、スマートコントラクトが金融、保険、貿易金融、ミッションクリティカル協定にとって本当に有益になるために必要な多数のオフチェーン・リソースへのセキュアなアクセスを可能にする。LINKトークンによって、デベロッパーは提供するユニークデータ、API、オフチェーン決済機能に対し、それぞれのChainLink Node Operatorと決済することが可能となる。これは、スマートコントラクトを外部データソース、APT、内部システム、既存のバンキング・インフラストラクチャーに接続する手段をセキュアで迅速かつ検証可能な形で提供する。これらの全ては実世界の使用事例向けに機能しなければならないものである。

セルゲイ・ナザロフ氏は「ChainLinkのクラウドセールが近づいており、われわれはLINKトークンセールに大きな関心を抱くサポーターに感謝したい。このコミュニティーの大きな参加需要はわれわれの予測を大きく超えており、LINKトークンセールは、ChainLink Networkにとって確固たる基盤を築き、スマートコントラクトをクリティカルデータ、API、従来の銀行間決済に接続する優先的な手段になると確信している」と語った。

ChainLink Networkは、その他のオープンソース・プロジェクトを活用している。コミュニティーに感謝し、貢献するため、ChainLinkはオープンソースの方法で開発されている。

セルゲイ・ナザロフ氏は「ChainLinkは、コミュニティーが理論およびテクニカルの両面で当社の一連の研究を全面的にレビューするよう要請、奨励する。われわれは、学者、サイバーセキュリティー、ブロックチェーンのコミュニティーがこれまでに行った厳格かつ徹底的なレビューに感謝する。われわれはこれらのコミュニティーと協力し、誰もが直ちに利用できるセキュアで真の分散型ブロックチェーン・ミドルウエアを開発していきたい」と語った。

SmartContract.comのCEOでChainLink創設者のセルゲイ・ナザロフ氏はインタビューに応じることができる。

▽ChainLink Networkについて
ChainLink Networkは完全分散型オラクル・ネットワーク(The ChainLink Network(http://smartcontract.com/link))を開発しており、これによってスマートコントラクトが外部データソース、API、内部システム、既存のバンキング決済インフラストラクチャーにセキュアで迅速かつ監査可能な形で接続することを可能にしている。ChainLink Networkは、SmartContract ChainLink, Ltd.がオープンソースおよびコミュニティー重視の方法で開発、運営している。SmartContract.com(Secure Asset Exchange, Inc.)は、さまざまなエンタープライズセール、エンタープライズ実装、技術および管理サポートを、SmartContract ChainLink, Ltd.が取り組むオープンソースおよびコミュニティー重視のプロトコルに提供する。

▽問い合わせ先
Amy Longo, amy@wachsmanpr.com

ソース:ChainLink Network