PRワイヤー 海外

Seaborn Networksの米国・ブラジル間海底ケーブルシステムSeabras-1が運用準備完了

Seaborn Networks

Seaborn Networksの米国・ブラジル間海底ケーブルシステムSeabras-1が運用準備完了

AsiaNet 69946 (1345)

【ボストン2017年9月8日PR Newswire=共同通信JBN】海底光ファイバーケーブル・システムの主要な開発・所有・運営企業であるSeaborn Networksは8日、同社のSeabras-1海底ケーブルシステムの運用準備が整ったと発表した。SeabornのSeabras-1はブラジルのサンパウロと米ニューヨークをポイントツーポイントで直結する最初で唯一のシステムで、6ファイバーペア、72 Tbpsの海底ケーブルシステムである。

Logo -http://mma.prnewswire.com/media/552677/SEABORN_LOGO.jpg

Seabras-1はSeaborn Networksと顧客の代理としてPartners Group(管理資産660億米ドルの世界的なプライベート市場投資管理会社)が共同で所有する。Seabornがニュージャージー州とマサチューセッツ州に保有する専用のネットワーク運営センターを含む米国とブラジルの拠点からSeabras-1を運営・維持管理する。

Seabras-1は、ブラジルと米国の商業センター間を結ぶ競合システムよりも、上質なサービス、強靭なネットワーク・アーキテクチャー、100%地下のブラジル側陸上バックホールにより、高速で信頼性が高いキャリアクラスのルートを提供する。Seabornから直接購入することで、顧客はシステムの所有・運営者と直接連絡できること、業界有数の迅速な回線立ち上げ、ユニークな購入プラットフォームの恩恵も受けられる。

Seaborn独自の金融に特化したSeaSpeed(TM) ソリューションは2017年第4四半期にサービスを開始する。SeaSpeedはニュージャージーとサンパウロの取引所(B3/BM&FBovespa)間の最低レイテンシーのルートで、サンパウロのB3 (SPA)からカートレットとその先のニューヨーク、ニュージャージー両州の必要なポイントオブプレゼンスをつなぐ能力がある。

▽Seaborn Networksについて
Seaborn Networksはニューヨーク・サンパウロ間のSeabras-1、サンパウロ・ブエノスアイレス間のARBRを含む独立系の海底光ファイバーケーブル・システムの大手開発・所有・運営企業である。Seabornは多くの世界最大級の海底および地上通信ネットワークを設計、建設、運営した経験を持つ成功した海底ケーブルおよびホールセール通信企業出身の経営幹部たちが立ち上げた企業である。詳細はwww.seabornnetworks.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
kate.wilson@seabornnetworks.com

ソース:Seaborn Networks