PRワイヤー 海外

snatchbot.meはボット開発プラットフォームのSnatchBotに完全に統合された既成のボットを提供します。

SnatchBot

snatchbot.meはボット開発プラットフォームのSnatchBotに完全に統合された既成のボットを提供します。

AsiaNet 69956

snatchbot.meはSnatchBotストアを開始し、チャットボットの開発を簡素化し、ボット開発プラットフォームのSnatchBotに完全に統合された既成のボットを提供します。


            イスラエルのヘルズリヤ ピトゥアフ、

この日、チャットボット開発の主要プラットフォームであるSnatchBot (https://snatchbot.me)が、「SnatchBotストア」という適切な名前が付けられた世界最初のチャットボットストアを公表しました。SnatchBotは、FX、Tata Communications、ヴェオリアなど、世界をリードするブランドに向けてボットを開発してきました。

     (Logo:http://mma.prnewswire.com/media/523990/SnatchBot_Logo.jpg)

     https://youtu.be/Mso6DdMxfQQ

     SnatchBotストアは、SnatchBotの総合的なボット開発プラットフォームに完全に統合された市場です。SnatchBotストアは、カスタマーサービス、銀行取引、旅行観光、電子商取引を含むがこれらに限定されないチャットボットの幅広い使用事例に向けて、すぐに使用できる無料のテンプレートを提供します。

     SnatchBotストアは、ボットテンプレートとボットディレクトリという2つの部分から構成されています。ボットテンプレートのセクションでは、企業は、さまざまな分野やセクターにおけるカスタマイズ可能な、特定のタスク向けの、あらかじめ開発されたボットにアクセスすることができます。ユーザーは単にニーズに合うテンプレートを選択し、すぐにボットを使用し始めることができます。ボットディレクトリには、1回クリックするだけで好きなチャネルに加えることができる既成のボットが含まれています。

     この専門的な市場が、あらかじめ開発されたボットをブランドに合わせて素早く簡単に修正し、Slack、SMS、Facebookメッセンジャー、ウェブなど、アクセスの多いさまざまなチャネルに向けて公開する手段を企業に提供します。

      「以前からずっとSnatchBotの目標は、チャットボットの開発と展開を誰にでもアクセスしやすくすることでした」と、SnatchBotの共同創立者であり最高経営責任者  (CEO) のアンリ・ベン・エズラが言いました。「SnatchBotストアとSnatchBotプラットフォームが、これまでボット開発に必要とされていた時間や投資を大幅に削減するでしょう」

     SnatchBotストアは初めに、内部で開発されたボットをチャットボットユーザーのコミュニティを通じて提供します。定期的に新たなボットが加えられていきます。また、開発者は市場で注目を浴びる機会を得ます。

     リリースと同時に利用可能なボットテンプレートの種類のほんの数例を以下に挙げます。

     ・会社がオンラインショップに十分な機能を持つチャットボットを立ち上げることができる、
        オンラインストアのボット。

     ・顧客サポートと販売中の対話をオートメーション化し、一般的な質問に対応するカスタマー
        サービスのボット。

     ・バーチャル・ガイドアシスタンスを通じて旅行のプラニングや予約を容易にすることで、
        ホスピタリティ企業にこれまでにない価値をもたらすホスピタリティボット。

     ・個人的なスマートショッピングのアシスタントとして、顧客の質問を効率良く解決する
        電子商取引ボット。

     ホスピタリティから、旅行、医療、天気に至るまで、SnatchBotストアは、広範囲のセクターを対象にした、既成のボットの多数のオプションを提供します。全くコストをかけずに開始することができ、数分以内にボットを立ち上げることができます。SnatchBotは、ストア、ボット、テンプレート、およびサポートを無料で提供しています。

     「SnatchBotストアは、これまでSnatchBotが成し遂げてきた以上に、ボットの開発や展開を簡素化しています」とアンリ・ベン・エズラは言いました。「当社の既存のボットテンプレートを用いることで、従業員や顧客をトレーニングする必要なく、企業は素早く効率的にチャットボットを立ち上げることができるようになります」

SnatchBotについて
     2015年の創立以来、SnatchBotの目標は、チャットボットのアクセス可能性を拡大し、開発者やその他の誰でも容易にボット開発ができるようにすることでした。「スタートアップ大国」の中心地であるヘルズリヤピトゥアフに拠点を置くSnatchBotは、あらゆるコミュニケーションチャネルにおいて非常に魅力的なユーザー体験や実物のような対話のやりとりをもたらす、洗練された自然言語の会話をするボット (チャットボット) へのアクセスを世界中に提供しています。

連絡先情報
     SnatchBotストアを訪問し、貴方の最初のボットを立ち上げましょう。SnatchBotのボット開発プラットフォームに関する詳細情報を確認するには、当社ウェブサイトhttps://Snatchbot.meにアクセスしてください。またプレス窓口の連絡先は、以下の通りです。

アリザ・カーン
運営部長、最高マーケティング責任者 (CMO)
00972 3-905-9613
aliza@snatchbot.me


(日本語リリース:クライアント提供)