PRワイヤー 海外

Cambium Networksが100万台のPMP 450無線ブロードバンド・モジュールを生産

Cambium Networks

Cambium Networksが100万台のPMP 450無線ブロードバンド・モジュールを生産

AsiaNet 69856 (1307)

【ローリングメドーズ(米イリノイ州)2017年9月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*PMP 450無線ブロードバンドは、スマートシティー、地方のコネクティビティー、産業IoTアプリケーション向けに、手ごろな価格で信頼できるコネクティビティーを提供する

無線ネットワーキング・ソリューションで世界をリードするCambium Networks(http://www.cambiumnetworks.com/)は6日、100万台のPMP 450(http://www.cambiumnetworks.com/products/access/pmp-450m/)無線ブロードバンド・モジュールを出荷するという生産におけるマイルストーンを発表した。2012年9月に発売を開始したPMP 450システムは継続的に進化し、業界トップのスループット性能、周波数帯域の効率、容量を提供するので、ネットワークオペレーターは収益が上がる形でネットワークの地理的かつユーザー密度の面で拡大できるとともに、データ容量に対する高まる需要にも応えることができる。

Logo -https://mma.prnewswire.com/media/325530/cambium_networks_logo.jpg

PMP 450は、住宅用および企業用アクセス、CCTVバックホール、油田のネットワーク化から配電網、鉄道まで、さまざまなアプリケーションで利用され、5大陸で未接続の人々、場所、モノを接続してきた。PMP 450プラットフォームは当初5.8GHzで展開されたが、現在は900 MHz、2.4 GHz、3 GHz、4.9 GHz、5.1 GHz、5.4 GHz、5.8 GHzが利用可能で、周波数帯域の利用において最大限の柔軟性とアジリティーを提供する。データレート容量は、長期にわたり市場需要に対応してきた。最近ではPMP 450mで1.2 Gbpsを達成した(http://www.cambiumnetworks.com/products/access/pmp-450m/)。

Cambium Networksのアトゥール・バットナガル社長兼最高経営責任者(CEO)は「2016年10月に発売を開始したPMP 450mは最も高度なPMP 450プラットフォームであり、多数の最先端テクノロジーを駆使して最小量の希少なRF周波数帯域において最大のスループット量を提供する。このシステムは5Gテクノロジーへの業界の移行に合わせて、14x14大規模マルチユーザー MIMOトランシーバーシステムと高度なビームフォーミング・アンテナアレーを組み合わせ、20MHzチャンネルで400Mbps以上のスループットを提供する。PMP 450mによって、世界のネットワークオペレーターはサービスエリアと容量を拡大し、ストリーミングビデオやデータ転送の需要に応えることができる」と語った。

cnMedusa(TM)テクノロジーを搭載する最新のPMP 450mは、高スループット・コネクティビティーを提供できることを実証した。Pixius Communications(http://www.pixius.com/)のロブ・レイフ生産マネジャーは「初めてインストールした後、われわれは単一の900セクターで50 Mbpsダウンロードに近づく総需要がある約111の顧客にサービスを提供できると予測した。われわれはこのAPで最高113のSMに達したが、現在は109の顧客がつながっている。現在、われわれは顧客利用のピーク時で最大118 Mbpsのダウンロードを提供している。これらの顧客は現在、PMP 450mアクセスポイントから無制限のインターネットサービスに十分満足していると思う」と語った。

Guadalupe Valley Electric Cooperative(GVEC)のISPマネジャーであるタド・バーナー氏は「PMP 450mアクセスポイントは126の小規模企業および住宅の加入者が利用しており、各加入者とは25 Mbpsのサービス内容合意を交わしている。PMP 450mは難なく20 MHzチャンネルで一貫して138 Mbpsを提供することができた」と語った。

Cambium Networksのスコット・インホフ上級副社長(製品管理担当)は「PMP 450mは現在、5Gと同様のコネクティビティーを提供している。CambiumはPMP 450プラットフォームに投資を継続しており、4.9から5.925 GHzをサポートする新しい高性能ワイドバンドのSubcriber Module(SM)など、市場の必要性と規格要件に応じて新規の機能を追加する。ネットワークオペレーターにとっての吉報は、進化するアクセスポイント(AP)プラットフォームがネットワークにインストール済みの加入者モジュールと完全に互換性があり、新規の高容量機能はAPだけを切り替えるだけで追加でき、顧客の地点に配備されたSMをアップロードするコストや時間を必要としないことである」と語った。

Pixius Communications(http://www.cambiumnetworks.com/resources/pixius/)とGVEC(http://www.cambiumnetworks.com/resources/gvec-pmp-450m/)での展開に関する詳細なケーススタディーはCambium Networksのウェブサイトで入手できる。

▽Cambium Networksについて
Cambium Networksは、インターネットに接続されていない人々、地域、モノを接続する信頼できる無線ブロードバンド・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。Cambium Networksは、信頼性があり、スケーラブルかつ安定した無線ナローバンド、ブロードバンド・プラットフォームの広範なポートフォリオを通じ、あらゆるサービスプロバイダー、産業、エンタープライズ、政府のネットワークオペレーターが手ごろな価格で信頼できる高性能コネクティビティーを構築することを可能にする。同社は現在、700万以上の無線通信を150カ国以上の要求の厳しい数千のネットワークで展開している。Cambium Networksは米シカゴ郊外に本社があり、米国、英国、インドにR&Dセンターを持っており、信頼できる世界の一連の流通業者を通じて販売している。

詳細はウェブサイトwww.cambiumnetworks.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Sara Black
1-213-618-1501
sara@bospar.com

ソース:Cambium Networks