PRワイヤー 海外

AIとブロックチェーン・テクノロジー統合開発のためのアライアンスが設立へ

MATRIX

AIとブロックチェーン・テクノロジー統合開発のためのアライアンスが設立へ

AsiaNet 69915(1338)

【北京2017年9月5日PR Newswire=共同通信JBN】「Seminar of Artificial Intelligence and Block Chain Techonogies(人工知能とブロックチェーン・テクノロジー・セミナー」が9月3日、北京の精華大学で開かれ、「Alliance for Development of Artificial Intelligence and Block Chain Technologies(人工知能とブロックチェーン・テクノロジーの開発のためのアライアンス)」(ABCDアライアンス)を設立することが提案された。これは、中国の人工知能(AI)とブロックチェーン・テクノロジーの統合を進展させることにコミットした初のアライアンスであり、「AIとブロックチェーン・テクノロジー」の統合と長期的な発展を促進し、2つのテクノロジーとその他関連イノベーションの刷新を進め、中国が発言力を持ち、新しいテクノロジーのための水準を発展させ、そのための生産・研究・調査の提携プラットフォームを構築することを目指している。

ABCDアライアンス準備委員会のチャン・グオチャン委員長によると、アライアンスは利害関係者全員に提案され、自由意志でスポンサーとなる。現在、デューク大学と精華大学を含む世界のさまざま大学から専門家がアライアンスに参加する意向を示している。引き続き、利害関係者がアライアンスへの参加を要請される。

アライアンスの最初の頭脳型コンピューター研究室のBayes Laboratoryが精華大学に設置された。引き続き、シンクタンクも設立され、高等教育機関と産業界からの参加と支援を募る。

AIとブロックチェーンの統合はトレンドである

Jingdong、Ping’an、Horizon Roboticsをはじめとする企業がセミナーで素晴らしい報告をし、参加者に受け入れられた。

セミナーに参加した専門家は、AIとブロックチェーンが将来の開発の方向性を提示し、その統合は次のステップの発展のトレンドだと述べた。彼らはまた、それは次世代の価値のインターネット(VoI)を実現し、IT産業全体にもう1つの激動をもたらし、社会に計り知れない恩恵と驚くべき変化をもたらすだろうと述べた。

MATRIXブロックチェーンの主任設計科学者、リー・チンフア氏は、基礎となるデータ・チェーンとAIに基づいたMATRIX独自のブロックチェーンに加えて、AIとブロックチェーンの統合によって、多くの有望なアプリケーションが創造できるだろうと紹介した。同氏は、ブロックチェーンは時間と空間の統合に利用され、AIは歴史を使った将来の予測に利用され、それは公共の利益を伴う多くのものを実現するだろうと述べた。

ソース:MATRIX