PRワイヤー 海外

GST:物品輸送に必須になったeウェイビル

ニーラジバガト&カンパニー(Neeraj Bhagat & Co.)

GST:物品輸送に必須になったeウェイビル

AsiaNet 69916 (1336)

【ニューデリー2017年9月5日PR Newswire=共同通信JBN】ニーラジバガト&カンパニー(Neeraj Bhagat & Co.)の公認会計士であるニーラジ・バガト氏は「物品サービス税(GST)導入前の時代、貨物運送状コンプライアンスはサプライヤーに必須のものであった。物品は、付加価値税(VAT)当局の貨物運送状を入手しなければ供給できなかった」と語った。貨物運送状は、物品の移動を認める物理的文書にすぎない。貨物運送状をめぐるコンプライアンスは、州をまたぐ物品移動を制限してきたことから、GSTを修正できる例外の1つである。

(Logo:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160831/402953LOGO

インド財務省歳入局物品税関税中央局(CBEC)はこのほど、GST体制下の物品輸送の枠組みを与える電子貨物運送状(eウェイビル)規則を発表した。

▽eウェイビルとは
eウェイビルは、共通ポータルの物品サービス税ネットワーク(GSTN)で発行される物品移動のための電子貨物運送状である。5万ルピー相当以上の物品の「移動」は、登録者がeウェイビルを入手しなければできない。

eウェイビルはまた、ショート・メッセージ・サービス(SMS)を通じて発行、あるいはキャンセルが可能である。

▽eウェイビルはいつ発行すべきか
eウェイビルは物品移動時に発行される。

*「供給」に関して
*返品など「供給」以外の理由で
*非登録者からの内部「供給」のため

▽誰がeウェイビルを発行できるか
eウェイビルは、登録者から/への5万ルピー相当以上の物品移動時に発行されなければならない。非登録者か運送人もeウェイビル発行を選択できる。すなわち、eウェイビルは登録者、非登録者双方の発行が可能である。しかし、供給が非登録者から登録者に向けてなされる場合は、受取人がサプライヤーのように全てのコンプライアンスに従う必要がある。

▽ニーラジバガト&カンパニーについて
ニーラジバガト&カンパニーは公認会計士、経営学修士(MBA)、その他の金融専門家40人で構成するチームで、過去19年、会計、法定税コンプライアンス、FEMA、移転価格、法定監査および税務分野の適正なサービスを提供している。ニーラジバガト&カンパニーは、ニューデリー、グルガオン、ムンバイに事務所を置いている。会計団体で世界のトップ20の1つ、INAA Accounting Associationのメンバーである。

詳しい情報はhttp://www.neerajbhagat.comを参照。

ソース:Neeraj Bhgat & Co.