PRワイヤー 海外

自動車市場の新たな能力を解き放つVayyarの3D画像センサー

Vayyar Imaging

自動車市場の新たな能力を解き放つVayyarの3D画像センサー

AsiaNet 69295 (1047)

【テルアビブ(イスラエル)2017年7月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*3Dセンサーが自動車内外のあらゆるもののリアルタイム画像を生成し、乗客モニター、自動運転、貨物管理に新局面

素材を透視して3D物体を地図化し液体を検知できる技術の3D画像センサー企業、Vayyar Imaging(バイアー・イメージング、http://vayyar.com)は13日、受賞したセンサー技術を自動車、自動運転市場に導入すると発表した。この3Dセンサーは安全性の向上、貨物管理の効率化に向けた革新を可能にして、自動運転車のセキュリティーを強化する。Vayyarの3Dセンサーは多用途性が際立っている。センサー1つで、従来多くの技術とセンサーを必要とした膨大な検知能力を発揮できる。Vayyarのセンサーはまた、安全、低コスト、モバイルで、どのような照明、環境条件下でも機能する。センサーは光学画像をとらえないため、プライバシーは尊重される。360度の自動車センサーの機能は以下で閲覧できる。
https://www.youtube.com/watch?v=wPbupd6EnE8&feature=youtu.be

Logo -http://mma.prnewswire.com/media/295930/vayyar_imaging_logo.jpg

Vayyar Imagingの最高経営責任者(CEO)兼共同創業者のラビブ・メラメド氏は「自動車市場は常に技術革新の最前線におり、当社が自律航法に進む中、われわれの車は内部と外部で起きる全てについて持続的、正確で新しい形の情報を必要としている。自動車産業の次の段階は車外の障害物に対する安全を提供するとともに、車内の人々の健康と安全を監視することになる」と語った。

▽3D画像はいかに車内のモニターと安全を変えるか
Vayyarのエンベデッド3Dセンサーは自動車の内部をスキャンし、車内で起きること全てのリアルタイム画像を与える。遠距離から生体信号をモニターすることによって、センサーは眠りかけているドライバー、幼児やペットを車内に置き去りにした親や飼い主に警告を発する。事故が起きれば、3Dセンサーは車内にいる生存者の状況を識別し、救急要員に情報を伝える。自動運転部門でVayyarのセンサーは3D画像を生成し、自動運転車が車内の人数を特定し、事故の場合は座席位置と乗客のサイズに基づいて展開・膨張させるエアバッグを最適化する。

▽自動車内外の360度保護
Vayyarの3D画像センサーは全ての死角をなくし、周囲の近すぎる障害物、サイクリスト、車両、およびセルフパーキングを識別し、垂直・水平および大小車両のペリメーター情報を提供する。Vayyarのセンサーは暗闇、過度の光、熱や霧など環境要因に依存することなく、安全水準を引き上げる。

▽自動車生産ライン
Vayyarの独占的な追跡、検知技術は高度な衝突防止、精密測定で人とロボットの安全な協業環境を提供し、生産性の向上とロボット、フォークリフト、小型自律走行車など機械と人の安全なインターアクションを確実にする。

▽荷物管理の最適化
Vayyarの3Dセンサーは、容積測定の検知と貨物管理の効率増大も可能にする。輸送車両の内部に設置されると、3Dセンサーは使用可能なスペース、コンテナ内の物体配置を地図に描き、貨物の動きをリアルタイムで検知して輸送中の貨物の保全も提供する。Vayyarのセンサーはトラック、バン、バス、列車にフリートとしても車両レベルでも最適利用のデジタル化を一層進める。

Research and Marketsの最新報告によると、世界の3Dセンサー市場は今後10年にCAGR(年平均成長率)で約17.4%伸び、2025年までに120億ドル規模に達する見通しである(http://www.prnewswire.com/news-releases/12-billion-global-3d-sensors-market---analysis-trends--industry-forecast-to-2025---research-and-markets-300402566.html)。Vayyarは3Dセンサーの市場リーダーになる好位置につけており、乳がん検出を支援する方法として2011年、強力な3D画像センサー技術の開発を始めた。Vayyarはそれ以来、自動車以外にも数多くの市場に3Dセンサー製品を拡充し、スマートホーム、スマートビルディング、ロボット工学、農業、AR(拡張現実)およびVR(仮想現実)、個人の健康、DIY、建設などさまざまな産業で大手フォーチュン500社とのパートナーシップを構築している。

▽Vayyarについて
Vayyar Imaging(バイアー・イメージング)は画期的な3D画像技術で画像・検知市場を変革している。Vayyarの独占的な3Dセンサーは物体の内部を素早く簡単に透視し、素材の構成を分析して変化と動きを追跡、高度のイメージング能力を指先にもたらす。企業目標は、低コストで安全なモバイル3D画像センサーの利用によって、世界の人々が健康、安全、生活の質を向上させる役に立つことである。Vayyarの受賞技術は現在、フォーチュン(Fortune)上位500社に利用されており、建設/DIY、スマートホーム・アプリケーション、農業、ロボット工学、ARおよびVR、自動車、個人の健康、IoTなどさまざまな産業部門に拡大されている。

イスラエルに本社を置くVayyar Imagingは、Walden Riverwood、Battery Ventures、Bessemer Venture Partners、Israel Cleantech Ventures (ICV)、Amiti Venturesの各社に支援された株式非公開企業である。詳しくはhttp://vayyar.comを参照。以下でフォロー可能。
Twitter and YouTube(https://www.youtube.com/channel/UC1-pUD8UkDWCjkgLD-WoheQ
Facebook(https://www.facebook.com/VayyarLTD/
LinkedIn(https://www.linkedin.com/company-beta/5094711/

本リリースに含まれる商標は全て、それぞれの所有者の財産である。

▽報道関係問い合わせ先
Mindy M. Hull
Mercury Global Partners for Vayyar
+1 415 889 9977
mindy@mercuryglobalpartners.com

Lizi Jeffery
Mercury Global Partners for Vayyar
+1 415 812 6263
lizi@mercuryglobalpartners.com

ソース:Vayyar Imaging