PRワイヤー 海外

Roca Groupがロシアで30%生産設備を拡大へ

Roca Group

Roca Groupがロシアで30%生産設備を拡大へ

AsiaNet 69204 (1002)

【モスクワ2017年7月5日PR Newswire=共同通信JBN】Roca Groupにとってロシアは世界中で最も重要な市場の1つである。現在ロシア国内では7カ所の生産工場と2700人の従業員を抱えている。

同社が販売している製品ブランドは、国際的にはRoca、Laufen、チェコが始まりのJikaのほか、ローカルブランドとしてはSantek、Santeri、Aquatonがある。

今後数年間の計画では5000万ユーロを段階的に投資する。当初は産業・物流ネットワークの更新・拡大のため、特にトスノとチェボクサルの工場の設備拡張を目指す。

▽沿革
*1990年代末にRoca Groupのロシアの創業は始まった。商業活動の最初の段階では国内の販売業者と協力した。

*2004年にRoca Rusを設立し、ロシア国内で初の工場の建設を発表した。工場はトスノに立地し、衛生陶器の生産に従事した。2006年に工場は操業開始した。

*2007年にRoca Groupは、チェボクサルとノボチェボクサルの2工場を持つOOO Keramikaグループを買収し、ロシアで衛生陶器の最大の製造業者になった。

*2010年には国内メーカーのUgrakeramを買収し、事業を拡大し続けた。Ugrakeramはボロティンスク市にあり、衛生陶器の製造販売を手掛けている。同じ年にノボチェボクサルの衛生陶器の新工場が操業を始めた。

*2011年4月にRoca Groupは、ロシアのAquatonグループを買収した。Aquatonはバスルームの家具や衛生陶器を専門に手掛け、ダフィドボに工場を持っている。

▽Roca Groupについて
Roca Groupは建築、建設、内装業界向けのバスルーム製品や床・壁タイルの設計、製造、販売に専念する会社である。

同社は18カ国に78工場、2万2600人の従業員を抱え、5大陸の170カ国以上に進出している。

スペインのRoca Groupは欧州、中南米、インド、ロシアでマーケットリーダーである。中国をはじめアジア、中東、オーストラリア、アフリカで大きなプレゼンスがある。この結果、この業界で世界のリーダー企業になっている。

http://www.roca.com

ソース:Roca Group