PRワイヤー 海外

モディ首相、グローバル・ビジネス・サミットでインドの成長目標を説明

エコノミック・タイムズ

モディ首相、グローバル・ビジネス・サミットでインドの成長目標を説明

AsiaNet 67809

モディ首相、イエス銀行/エコノミック・タイムズのグローバル・ビジネス・サミットでインドの成長目標を説明

ニューデリー(インド)、2017年3月14日/PRニュースワイヤー/ --

- 3月27・28日、世界20か国の先見者、思想家、ビジネスリーダーがニューデリーに集結

- アーンドラ・プラデーシュ州は、公式パートナー州としてグローバル・ビジネス・サミット2017で大型出資を確約

これまで2年間のグローバル・ビジネス・サミットでインドの戦略的ロードマップについての歴史的演説を行ったシュリ・ナレンドラ・モディ首相閣下は、イエス銀行(YES Bank)とエコノミック・タイムズ(The Economic Times)が提供し、アーンドラ・プラデーシュ州を公式パートナー州として3月27・28日デリーで開催される今年のグローバル・ビジネス・サミット(GBS)で再度ひときわ注目を集めることでしょう。首相がインドのビジネスリーダー諸氏に20兆ドル経済の夢に立ち向かわせたのは、第1回GBSでした。そして昨年の第2回では、インド再興の入念なビジョンを詳細に説明しました。首相が再び、動的な地球環境における「新時代のインド」という自身のビジョンを取り戻す、示唆に富んだ感動的な演説を行うことが期待されます。

「不確実性の克服、チャンスの発見(Conquering Uncertainty, Discovering Opportunities)」のテーマを中心に作り上げられた2日間のサミットでは、インドのデジタル改革、ポスト・トランプのアメリカ、ブレグジット(英国EU離脱)の影響、ユーロ圏の運命、中国の低迷、2017年のサプライズとショック対応に必要な手段など、インドと世界全体に関わる問題の思慮に満ちた討論会を開催します。

今年のサミットはすでに、以下の世界的な思想的指導者や代表など、羨ましいほどの参加者を集めています:元アメリカ合衆国副大統領ディック・チェイニー、ヴァイス・メディア(Vice Media)共同設立者兼最高経営責任者シェイン・スミス、シャオミ(Xiaomi)会長、最高経営責任者、設立者の雷軍、エクスポート・デベロップメント・カナダ(Export Development Canada)副社長兼主席エコノミストのピーター・G・ホール、BIDCO(アフリカ)最高経営責任者ヴィマール・シャー、GFB(メキシコ)会長兼CEOマルコ・グロリア、800以上の特許を所有するイスラエルの業界パイオニア、ベニー・ランダ、イスラエル革新庁長官アヴィ・ルヴトンほか。

主要セッションの一つでは、著名な中国人経済学者アンディー・シエと主席経済顧問アーヴィンド・スブラマニアンが、世界的変化に続くアジア経済の未来について討論します。

他に予定されるセッションには、IBMインド会長ヴァニタ・ナラヤナン、デル・アジア・パシフィック&ジャパン(Asia Pacific & Japan, Dell)社長アミット・ミダ、BCG(アジア・パシフィック)会長ジャンメジャヤ・シンハ、タタ・モーターズCEO グエンター・ブチェク、ペイティム(Paytm)創立者ヴィジェイ・シェカー・シャーマが、近年最も話題になったトピックの一つである「デジタル・ディスラプションの進路決定(Navigating Digital Disruptions)」を進めるCEOのトークがあります。

公式パートナー州のアーンドラ・プラデーシュ州は、チャンドラバブ・ナイドゥ州首相閣下率いる大代表団を送り、閣下はビジネスを助長する環境にある同州に投資するよう世界のリーダーや投資家に強力に売り込むことが期待されています。

過去2年間と同じく、今年のサミットも世界中から大規模な代表団が集まり、インド政界のエリートや業界の思想的指導者などの有力者が、集いや心の通い合った交流のできるより大きな場にします。

メディア問合せ先:
Japneet Kathuria
Japneet.Kathuria@bm.com
+91-9899594910


情報源:エコノミック・タイムズ


(日本語リリース:クライアント提供)