PRワイヤー 海外

AWE 2017が閉幕 AI、ビッグデータ、IoTでスマートホームとスマートライフの概念を再構築

Appliance & Electronics World Expo

AWE 2017が閉幕 AI、ビッグデータ、IoTでスマートホームとスマートライフの概念を再構築

AsiaNet 67778(0373)

【2017年3月13日 PR Newswire=共同通信JBN】
中国の家庭電器・消費者家電産業を予見する主要イベントのAppliance and Electronics World Expo(AWE 2017)は2017年3月9日木曜日、上海新国際博覧センター(Shanghai New International Expo Center)で正式に開幕し、700を超える家庭電器・消費者家電ブランドが総面積118万平方フィートの8つの展示ホールに出展した。22万人超の専門家が入場すると予想されている。AWE 2017は11日に閉幕した。

今年の焦点はスマートホームとスマートライフで、美的、ハイセンス、ハイアール、GE Appliancesなどの大手ブランドが従来の家庭電器・消費者家電製品からバスルーム・台所用品に至る最新製品を展示した。これらの業界トップブランドは家電製品とテクノロジーをより高度に統合することで、自らの地位を確立した。

▽スマートホーム家電産業の現在の見通し
China Household Electrical Appliances Association(CHEAA)の朱軍事務局長は開幕演説で、スマートホーム家電産業の現在の見通しを明らかにした。

朱軍氏は「2016年の家電市場の全体的な業績は、世界的な景気低迷、為替相場の変動、過剰消費など様々な要因により低迷した。しかし、家電企業の多大なイノベーションと積極的な製品構造調整は、家電消費の改善という明らかな傾向をもたらした」と語った。

▽スマート家電の目標は個人の生活を豊かにすること
AWE 2017は、将来のスマート家電が人工知能(AI)とビッグデータに重点を置いてユーザーのニーズを理解し、日々の活動を自動的に管理することにより、将来のスマートホームでの日常生活をより便利にすることができることを証明している。出展者は、エアコン、テレビ、バスルーム・台所家電など様々なインテリジェントな家電製品のデモンストレーションに注力する。最終的に家電製品と消費者向け電子製品をシームレスに統合し、より効率的なライフスタイルを実現することが目標だ。

ハイセンスは、560ダイナミックサブエリアを搭載し、4096レベルの微調光で高度なバックライト制御で、前例のない75インチの臨場感あふれる視覚体験を実現したTianji 4K超高精細スマートテレビを発表した。ハイセンスのゼネラルマネジャー、ジァンヨン・フー氏は「リモコンを使って、ユーザーは部屋の照明、温度を、音声コマンドを使って多様な生活シナリオに合うよう調整することもできる」と述べた。

美的のザカリー・フー副社長氏は新型スマートキッチンの実演の際に、「スマートキッチンと連携するのは、肥満、糖尿病、心臓病などの主要な分野に焦点を当てた消費者向け健康器具だ。例えば減量しようというユーザーはスマートキッチンと同期するヘルストラッカーにデータを入力する。するとスマートキッチンは、データに基づきパーソナライズされた食事を提案し、ユーザーが減量目標を達成するのを助ける」と語った。

ハイアール・グループのジャオ・フェン最高技術責任者(CTO)兼副社長は、AWE 2017の新しいハイアールU-homeラインナップの最も重要なコンセプトは「楽しむ」ことだと述べた。フェン氏は「ハイアールは音声認識と携帯電話による遠隔制御の方法を超え、先を見越したサービスをユーザーに提供することを目指している。これを可能にするために、ユーザーのニーズを見たり、聞いたり、理解する目的でビッグデータと最新のAI技術を使用する。たとえば、新しい冷蔵庫は、ユーザーが入れたものを追跡するだけでなく、食品の有効期限を監視し、RFIDリーダーやスマートコントロールリーダーにユーザーの嗜好に合ったブランドの種類を学習することができるのだ」と語った。

▽AWE初のテクノロジーパークがイノベーションを促進
テクノロジーパークは、スマートトラベル、スマートエンターテイメント、インテリジェントリビング、スポーツと健康のような新しいライフスタイルフォーマットと、ライブのロボット競争とAR/VR(拡張現実と仮想現実)ゲーム体験の展示を通じて、訪問者が将来のインテリジェントな生活を体験することを可能にした。

出展者の一つであるRoboMastersは世界中の工学系学生からイノベーターを育てようと努力している、毎年開かれる世界のロボット工学コンテストである。アイコニックなドローン・シリーズPhantomで有名な世界最大のドローン・メーカーであるDJIによってプロデュースされ、開発されたRoboMastersは若いエンジニアが設計したロボットのチームを互いに競争させることで、最先端のテクノロジー、コンピューター自動化、メカニックスを統合している。

DJIのマーケティング専門家、フレダ・ルー氏は「このコンテストは、学校で学んだことを活用するだけでなく、チームワークや精神的知性をテストすることで、生徒の生涯に一度の経験となる」と語った。

中国国家統計局によると、2016年の家電製品売上高合計は前年比3.78%増の1兆4600億人民元で、利益は同20.37%増の1196億9000万人民元だった。

CHEAAの朱軍氏は「2016年が低調だったにもかかわらず、スマート家電業界の稼働効率は引き続き上昇しており、ユーザーにとってより便利なライフスタイルを確保するための洗練された製品を増強するために多くの労力が投入されている。AWEは、地域のディストリビューターや国際的な家電メーカーを結集して、より多くのビジネスチャンスを発見し、最新の業界の発展に追いつくのを助ける重要なプラットフォームとして機能している」と述べた。

▽AWEについて
Appliance & Electronics World Expo(AWE)はChina Household Electrical Appliances Associationにより組織され、20年以上の歴史を持っている。AWEはCESとIFAとともに、世界中の家電業界における3大展示会として知られている。

ソース:Appliance & Electronics World Expo