PRワイヤー 海外

貴安新区が中国最大の桃園で観光客を誘致

Guian New Area

貴安新区が中国最大の桃園で観光客を誘致

AsiaNet 67755 (0356)

【貴陽(中国)2017年3月10日PR Newswire=共同通信JBN】中国中西部貴州省にある国家レベルで承認された貴安新区(Guian New Area)は、新区内の景勝地にある現在中国最大となる新しい桃園に咲く桃の花で観光客を誘致しようとしている。今年の桃の花の盛りは3月末になる。

Photo -http://photos.prnasia.com/prnh/20170310/0861702138

貴安で最高の桃の花の見所は広さ12平方キロメートルにおよび、約20種類の桃の木が60万本以上ある。さまざまな種類の桃の花は、咲く時期によって約1カ月以上咲き誇り、4月初めまで辺り一面が桃色に染まる。中日友好を記念する特別公園もこの桃園にある。

桃の花に加えてこの地区には景観、文化、歴史が豊富に存在する。2016年中国における最大の遺跡発掘の1つとされた牛坡洞洞穴や貴州省の仏教寺院のWanhua Monasteryがある。この地域を訪れるビジターはまた、17の異なる少数民族グループの風習に魅了される。これらの民族にはミャオ族、プイ族、トン族、チワン族、ヤオ族、ペー族が含まれている。2016年の調査によると、800カ所以上が観光地の有力サイトとして挙げられており、国家レベル5のサイトが2カ所、レベル4が11カ所、レベル3が124カ所含まれている。また615のサイトは新しく見つかったものでサイト総数の16.7%が最有力候補にランクされた。

Fongde Theme Parkとサイエンスフィクション・テーマパークは新テーマパーク地区として開発中であり、事業協力の準備が整っている。貴安は貴州省のさまざまな少数民族の風習を紹介する文化遺産パークのYunman Lake International Resort Area、現代的放牧モデル地区、温泉タウンなどの現行プロジェクトを引き続きサポートし投資を継続する。

これら既存の施設は今後も観光の柱になり、新区で提供されるサービスの質を決める。新区は投資目標1億4500万ドルで、今年末までに100のプロジェクトを完成させる予定。

貴陽観光文化産業開発センター責任者のリュー・シャオロン氏は「観光体験を改善するため、貴安は貴州省の美しい山々に新たに風光明媚なドライブルートを開発する。また経済区に新たな開発エンジンとしてすばらしい地元の観光リソースを導入する」と語った。

貴安新区は2016年に前年比90%増の380万人の観光客を迎え、前年比80%増となる2億9000万ドルの売上高を記録した。新観光スポットへの投資額は1億8800万ドルに上り、地元政府はビジター向け活動と体験をさらに活発化することを約束している。

▽貴安新区について
貴安新区は中国における8番目の国家レベルの新区である。中国西部の経済成長の主要な牽引役、経済開放における新分野の開拓および健全かつ活力のあるエコシステム・ゾーンのベンチマークになる-という3つの大きな責任を持つ。

ソース:Guian New Area