PRワイヤー 国内

新作床材見本帳「2017-2019 フロアタイル」を9/14に発刊

株式会社サンゲツ

2017/9/11

株式会社サンゲツ

素材の魅力を精緻に再現、自由な空間デザインが楽しめる
新作床材見本帳「2017-2019 フロアタイル」を9/14に発刊

○WD-817【IMPRESS】の施工例

株式会社サンゲツ(安田正介社長・名古屋市)は、商業スペースなど各種施設をはじめ、アパート・マンションなどの住宅分野でも幅広く利用できる床用塩ビタイルの新作見本帳「2017-2019 フロアタイル」を9月14日(木)に発刊します。“素材感”にこだわり洗練された129柄403点のラインアップと、遊び心ある自由なコーディネートを紹介します。


●「2017-2019 フロアタイル」の特長


①素材感を追求した“こだわりのフロアタイル”を提案
3人のキャラクターが登場する新企画「マテリアルラボ」では、素材感を追求した商品で “遊び心ある自由なコーディネート”を提案。“モルタルと木材”など異素材の組み合わせや、素材本来の質感や表情にこだわった石材やレンガ、ペイントブロックなど、コーディネートが楽しくなる商品やアイデアを紹介します。

②空間を上質に彩る“デザイン&カラー”
ベルギー製のコレクション「IMPRESS」は、古木の深みを最大限に表現する精緻なエンボス(表面の凹凸)が魅力の新シリーズ。製品サイズは196×1320mmで、ダイナミックなスケール感も特長です。また、デザインとカラーを見直したウッドやストーンなどのベーシックシリーズも、空間をより上質に彩ります。

③環境負荷を低減する“2.5mm厚フロアタイル”
弊社の2.5mm厚のフロアタイルは、一般的な3.0mm 厚のタイルに比べて、製品の原材料調達から製造・物流・廃棄に至るまでのCO2 排出量を約14%削減します。カーボンフットプリントマーク(※) を取得し、環境へも配慮しています。

※経済産業省および関連省庁の推進する仕組みで、製品の材料調達から製造、物流、廃棄に至るまでのライフサイクル全体で排出される温室効果ガスの排出量をCO2量に換算し、分かりやすく表示するマーク。


なお、ワックスフリーコーディングを標準仕様とした置敷き帯電防止ビニル床タイル「OT vol.7」、重ね貼りや貼り替えがしやすいかんたんリフォームタイル「リフォルタ vol.2」も同時発刊いたします。
設計事務所や建設会社、工務店などでご覧いただけるほか、サンゲツウェブサイト内のカタログでも発売と同時に公開いたします。